現場で宣伝できる|作業には欠かせない!土のう袋と養生シートとは
ロゴ

Sandbags.com

宣伝効果は大!養生シートの知られざる効果

建築現場で自社をPR

建築現場で必ずといってよいほど利用されるのが養生シートでしょう。もしも、養生シートを現場をすべて覆うようにして使うのなら、そちらに会社の宣伝を載せることをおすすめします。養生シートを目立つところに利用すれば、工事をおこなっている自社の宣伝を、道行く人におこなうことができます。

現場で宣伝できる

男の人

耐久性も問題なし

養生シートをPRに使うときには、業者に頼んで、印刷してもらう必要があります。その場合に気になってしまうのが耐久性の問題でしょう。建築現場に利用する養生シートは、働く人間や周りへ安全性にも関わるので、壊れやすいものを利用することはできません。しかし、普通の紙やビニールではなく、養生シートに印刷をしてくれる業者がありますので、そちらを利用すれば耐久性を心配する必要はなくなるでしょう。
なお、印刷業者によって用意している養生シートの品質は様々です。業者のページでは、素材についてもしっかりと説明がされているため、チェックをしてから印刷を依頼しましょう。もちろん、電話で耐久性について質問することも可能です。

使用される生地も豊富

業者が用意している養生シートの生地は色々あるため、様々な用途に利用が可能です。一般的な塩ビで作られたものや、耐久性が高いターポリンなど色々な生地が用意されているので、どこで使うのかを決めてから印刷を依頼しましょう。
また、業者によっては足元に適した生地も用意されています。高いところで宣伝をするのも良いですが、視線に入りやすい足下での宣伝も効果が抜群なので、多くの方にPRしたいのなら利用を考えてみましょう。なお、生地によって値段が違うため、広い面積に利用するなら、費用もきちんと考えなければいけません。安くても耐久性もあり、見た目が良い生地もたくさんあるので、スタッフの方と相談しながら決めることをおすすめします。

お得に作るならプリントする面積を狭くしよう

養生シートに印刷をしてもらう場合にかかる費用の中で、大きな割合を占めるのがインク代です。家庭用のプリンターのインクでも、かなりの値段がしますので、業務用のものなら高くても当たり前でしょう。広告の代わりになる養生シートを安く作ってもらいたいのなら、インクでプリントする面積を減らす必要があります。業者に渡すロゴやイラストのデータを小さくするなど、色々な工夫をしてインク代を減らしましょう。なお、養生シートの印刷料を節約するためには、色数を減らすことや注文数を増やして一枚あたりの値段を下げることも効果があります。どのくらい割り引いてもらえるのかは、見積もりが必要となるため、まずは印刷業者に依頼をしてみましょう。

広告募集中